知らなかった!?欧米を旅行する際に気を付けておきたい常識

レストランでの常識とは

海外旅行で欧米へ行く場合に気を付けておきたい常識は、食事やお店のサービスに関するものです。旅行では食事も大きな楽しみですし、値段が高めのレストランを選ぶ場合も多いでしょう。そこでまず知っておきたいのは、特にヨーロッパのレストランでは食事に長い時間をかける習慣があるということです。夕食だと最低でも1時間半の時間をかけて食事をするのが普通とされているため、食事をする際はある程度時間に余裕を持たせておくことが必要でしょう。そしてヨーロッパのレストランでは、前菜とメイン料理、デザートに加えてドリンクを注文するのが普通であり、最低でも前菜を除いた3品を注文することが常識です。ですので、日本の感覚で1品だけ注文すると失礼になってしまう場合もあるため注意しましょう。

日本にはないチップの常識

欧米では、サービスを受けるとチップを払うという習慣があることが有名ですが、日本人にとっては馴染みのない習慣でもあります。日本人の感覚からすると、チップは別料金を取られているような気持ちになってしまうという人も多いでしょう。しかし欧米では、労働者の給料そのものがチップの収入を前提としている場合が多いため、チップによる別料金というのが当たり前の社会なのです。特にアメリカの場合は、完全にチップを払うことが常識になっているため、注意する必要があると言えるでしょう。そして、欧米には日本食のレストランも多くありますが、その場合も当然現地でのルールが適用されるためチップは必要になります。

フライアゴーを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です