海外旅行をする際に知っておきたい!日本と海外での常識の違い

日本と海外では治安状況が違う

海外へ旅行に行くと、日本では当たり前だと思っていた常識が通じない場合があります。日本とは違う文化を楽しむことも海外旅行の醍醐味だと言えますが、現地の常識に合わない行動を取ってしまうとトラブルになってしまうこともあるため注意する必要があるでしょう。そこでまず気を付けておきたいのは、治安に関する常識であり、海外は日本のように治安の良いところばかりではないということです。特に発展途上国の場合は、外国人というだけでお金を持っている人と見られて標的になることがあります。ですので、たとえラフな格好をしていても狙われる可能性があるということを知っておきましょう。そして治安の悪い国では、高価なアクセサリーを身に付けることも避けた方がよいと言えます。

海外では現地の常識やルールに従う必要がある

その他に気を付けておきたいこととしては、現地の人とやり取りをする時は意思表示をハッキリ行う必要があるということが挙げられます。日本では相手の気持ちを察するという文化や常識がありますが、海外ではしっかりと意思表示をしないと通じないため、断る時はしっかり断るなど、曖昧な態度を取らないようにしましょう。そして旅行へ行った際、思い出を残すために写真を撮る人も多くいますが、海外では撮影禁止になっている場所や建物も案外多いため、その場所が撮影可能かどうか確認することも必要です。さらに教会やモスクといった宗教施設に入る際は、宗教ごとのルールに従う必要があります。例えば、教会の場合、男性は帽子を取る必要がありますし、モスクの場合、女性は頭部を布で隠すという決まりがあると言えるでしょう。

フライアゴーを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です